東京でマンションの査定をしてもらうときのポイント

媒介契約は、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類

それにより、仲介業務に関連したトラブルを未然に防ぐことができます。
ただ媒介契約は、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があり一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の順に、制限が厳しいのが特徴です。
媒介契約をとるときには、どの種類の契約であるかを見極めながら選択する必要があります。
後で後悔しないように、契約の内容を理解したうえで利用するようにします。
媒介契約によって提示された金額も、その理由などを聞いて把握するようにするのがポイントです。
これは媒介契約にも関連しますが、大手の不動産会社の支店や財閥系のところに依頼するメリットは依頼することで早く査定ができる可能性はあります。
大手の不動産会社が持っている強みは、ブランド力があり実績と信頼性を兼ね備えているところが多いことです。
ただ、大手のところだからといって必ずしもうまくいくとは限りません。
担当者の質を見極めるのが第一というのは、なんでもいえることです。
それから、大手の不動産会社ならではの問題に囲い込み問題があります。
囲い込み問題とは、売主から売却の媒介契約を依頼された物件を、他の不動産会社に契約させないことを指します。
大手の不動産会社であるゆえに縄張り意識が強く、こうした問題を発生させがちです。
不動産仲介会社の収入源は基本的に仲介手数料で成り立っていますが、中には企業によっては買いたい人がいますよ、と他の会社が仲介会社に連絡を入れた場合であっても不動産会社側でその物件はお話が入っていることや契約予定ですなど言ってと本当は何もないのに、嘘をついて全て断ってしまう不誠実な行為があります。
もしも、怪しいと気づいた段階できっぱりと手をひくことも重要です。

東京でマンションの査定をしてもらうときのポイント : 媒介契約は、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類 : 囲い込みを見極めるポイントは、他の不動産会社に相談すること