東京でマンションの査定をしてもらうときのポイント

東京でマンションの査定をしてもらうときのポイント

マンション査定 / マンション査定価格はどう決まる?評価を分ける9項目

東京でマンションの査定をしてもらうときのポイント : 媒介契約は、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類 : 囲い込みを見極めるポイントは、他の不動産会社に相談すること

東京でマンションの査定をしてもらうときのポイントですが、そもそも都内だけでも不動産仲介会社と呼ばれる企業は1万を超えるともいわれるほど存在しますのでそこから絞り込むのはとても大変です。
当然ながら良い会社もあれば、残念なことに悪い会社もあります。
まずポイントとしては始めに、インターネットでの一括査定は分かりやすく絞り込めるため有効に働くこともありますが、メリットの反面デメリットも大きいです。
デメリットは、一括査定を依頼した後に複数の不動産会社からメールなどで催促される可能性がある点です。
ですので、それが面倒に感じてしまう人は多いです。
できれば、自分で探していったほうが良いでしょう。
都内で不動産会社を見つけることは、そこまで難しいわけではありませんのでまずは直に話を聞いておいて、そこから絞り込むようにします。
次に、査定金額は不動産会社の立ち会いのもとで行わないと正確な相場を知ることはできません。
ただ、不動産会社によって出された金額は媒介契約をとるという関係上相場より高く金額が出てくる傾向があります。
出された金額が高いといって媒介契約を安易に交わしてしまうのは避けておいたほうが良いかもしれません。
媒介契約とは何かを簡単に書くと、所有している物件をどのような条件で売却活動を行って、成約した際の報酬金額をどのようにするのかといった内容を定めた契約書を事前に取り交わすことを指します。
こうした媒介契約を締結することによるメリットは、依頼者と不動産会社間の依頼関係を明確化させることが可能であるです。

『バーチャルオフィスに住めないものか?』https://t.co/wzTOjamULo #不動産売却 #不動産査定 #マンション売却 #マンション査定 #不動産売却査定 #土地売却 #土地査定 #マネーのサプリ pic.twitter.com/oSG2fqOAm3

— 【公式】『マネーのサプリ』【相互】 (@rIq3oXvdmjtMqfa) 2019年7月12日